FirstClass 11.017 クライアントのリリースを開始いたします
Home
FCM News

FirstClass 11.1のリリースを開始いたします

iPad miniでのMobileクライアントの動作確認案内

Windows 8でのクライアントソフトの動作確認案内

FirstClass 11.0ヘルプファイルをリリースしました

節電への対応について

 
Small company logo:
3 October,2011By: Webmaster
お客様各位
2011年10月3日
株式会社エフ・シー・マネジメント
代表取締役 広末 泰

FirstClass 11.017 クライアントのリリースを開始いたします




FirstClass Client 11.017 for Windows / Mac OS X

主な改善・修正点

Macクライアントで変換中の文字を削除すると文字化けが発生していた問題を修正しました。
Windowsクライアントで入力フィールドを移動する度にIMEのかな漢字変換モードをOFFにする問題を修正しました。
本クライアントの詳細は下記の「製品の新機能と拡張」をご確認ください。


ダウンロード場所

FirstClassサポートページ/クライアントダウンロード
ダウンロードしてインストールしてください。
本クライアントソフトウェアは「自動アップデート」対応版ではありません。
自動アップデート対応版のリリースはしばらくお待ちください。


対応するサーババージョン

FirstClass Server バージョン11.0 及び10.0

アクセス先のサーバが以前のバージョン(FirstClass 8.3など)の場合、サーバに障害を与える可能性があります。
このクライアントソフトウェアは、必ずサーバがFirstClass 11.0又は10.0であることを確認してご利用ください。
サーバのバージョンは管理者にご確認ください。


FirstClass 11.0及び10.0サーバは文字コードにUnicode(UTF-8)を採用しています。FirstClass 11.017クライアントソフトウェアはUnicodeで文字を記述します。
そのため、FirstClass 11.017クライアントでは8.3以前のサーバにはアクセスしないでください。文字化けの原因になります。
FirstClass 10.0 及び11.0にアップグレードしたサーバの旧コンテンツはFirstClass 11.017クライアントで表示することができます。
FirstClass 8.3クライアントと8.3サーバの文字コードはSHIFT-JISを採用しています。UnicodeとSHIFT-JISは日本語の表示で互換性がありません。


管理者アカウントによるコンテナやアイテムの作成及び設定変更は、必ずサーバと同じバージョンのクライアントソフトをご利用ください。深刻なデータ破損が発生し、影響がシステム全体に及ぶ事もあります。 データ破損が発生した場合、復旧できない可能性がありますので、ご使用になる前にアクセスするFirstClassサーバのバージョンが11.0又は10.0であることを管理者に必ずご確認ください。

※ご不明のことがありましたら、弊社までお問い合わせください。



動作環境
   Windows 2003; XP; Vista; 2008; Win7
   Mac OS X 10.5.2 - 10.5.8; 10.6.1-10.6.2
   ※弊社ではMac OS X 10.7 Lionは正常に動作することを確認しています。


スマートフォン対応
●iPhone,iPod touch,Pad用 FirstClass Mobile クライアント
  App Storeからダウンロードしてご利用ください(無料)

  FirstClass Mobile バージョン 11.2.1



ソーシャルワークプレイス用アンドロイドクライアント(英語版)(無料)
  Social Workplace Mobile
  Android マーケット › ビジネス › Social Workplace Mobile

FirstClassの新しい機能ソーシャルワークプレイス用のアンドロイドクライアントです。
本クライアントでアクセスするにはFirstClassサーバにOTSW2.0コンポーネントがインストールされている必要があります。
本クライアントでFirstClassのメールボックスや会議室にアク セスして利用することができますが、コンタクトやカレンダーは利用できません。
本クライアントはAndroidの仕様によりTCP/IP 80番ポートで通信します。
必要に応じてSSLをご利用ください。
本クライアントではコンタクトやカレンダーが利用できません。
FirstClassのAndroid版クライアントのリリースまで今しばらくお待ちください。


【ご案内】

ユーザサポポートサイトにアクセスするには弊社発行のサーバ管理者向けIDとPWが必要です。
各ソフトウェアとコンポーネントはユーザサポートサイトがらダウンロードしてご利用ください。
FirstClassアーカイブサービス機能はコアサーバに標準で搭載しています。
標準で10ユーザライセンスが付属していますが、ご利用になる人数に合わせてライセンスをご購入いただく必要があります。
FirstClassシンクロナイズサービスは50ユーザまで無料でご利用いただけます。(50ユーザ以上有料)
シンクロナイズサービスは現在Windows版サーバでご利用いただけます。


製品の新機能と拡張
FirstClass Client 11.006と比較した場合の新機能と修正点を記載しています。

グループ権限フォームの[プロフィール]タブにある、[プロフィール]ボタンが正しく動作するようになりました。
グループ権限フォームの[ディレクトリ]タブにある、[次のグループを除外する]、[次のグループを含める]のフィールドが正しく動作するようになりました。
HTMLメッセ ージで(何も選択せずに)[元のメッセージを含める]をクリックした際、そのメッセージがHTMLタグで始まっていなくても、常にすべてのメッセージを選択するようになりました。
クライアントがインターネットヘッダからHTMLの内容を取り込むため、<head>タグで参照されているスタイルシートなどの内容が反映されるようになりました。
HTMLメッセージ内のリンクにマウスオーバーすると、ステータスバーにURLが表示されるようになりました。
HTMLメッセージの返信でテキストを引用する際、クライアントが時々クラッシュする現象がなくなりました。
クライアントが「https://images」を「http://images」に書き直すようになりました。
これは(例えばその画像が「https://」のみでアクセス可能な場合は)エラーになることがありますが、代わりの画像がダウンロードされ、リモートサーバを証明するためのSSL証明書を維持します。
Webkitから返信されたHTMLタグで囲まれていないテキストを選択した場合でも、HTMLメッセージの引用が正しく動作するようになりました。
WebKitがフォーカスを持っている場合でもショートカットキーが適切に動作するようになりました。
(例えばWebKit上で、PgDn/PgUp/Home/EndキーをクリックするとHTMLドキュメント上を移動したり、Ctrl+' Ctrl+Wでメッセージを引用したり閉じたりする動作など)
(FC、HTMLに関わらず)プレビューペインにメッセージが表示されている場合は、一覧表示からメッセージを引用しての返信ができるようになりました。
HTMLメッセージの本文をクリックしてテキストを選択した場合も、一覧表示からの引用が可能になったことにより、エンベロープ部分にフォーカスが無い状態(1度もクリックしていない状態)で引用ができるようになりました。
HTMLメッセージに埋め込まれた画像のURLをクライアントがデコードし、モバイルクライアントから送信された画像が正しく表示されるようになりました。
クリップボードは、HTMLのメッセージの一部を引用する際には使用されなくなりました。(元のクリップボードの内容は引用の際に保存されるようになりました。)
週ごとに繰り返す予定の計算が修正されました。
カレンダーで繰り返し予定のフォームの、どのフィールドが変更されても、正しく保存されるようになりました
[カレンダー]タブの一覧で、カレンダー名を変更できないようになりました。  
11.006以前のクライアントで作成された不良データと衝突したときに、カレンダーコードがエンドレスループに入り込まないようになりました。
カレンダーのすべての表示形式で、ダブルクリックしたときに正しく予定を開くことができるようになりました。
コンテキストメニューからプロフィールが開かれたとき、クライアントがプロフィールのアイテムに対してコンテキストメニューを使えるようになりました。
zerolengthスタイルを実行するメッセージをロードするときに、クライアントがフリーズしなくなりました。
起動時に、すぐにメールボックスを開いてもクライアントがクラッシュしないようになりました。(通信速度が遅い場合にこの現象が発生していました。)
メッセージが削除または追加されたとき、一覧が再度正しくアップデートされるようになりました。
[ディレクトリ]タブのグループ名をクリックした際、異なるグループが開かれないようになりました。
プレビューペインで.movファイルを再生する際に、クライアントがクラッシュしないようになりました。
同じ埋め込み添付ファイルのコピーが二つ含まれたメッセージを開いたときに、1084エラーが表示されないようになりました。
パスワードを入力するときのみ、IMEが無効になるようになりました。
[元のメッセージを含める]で返信する際に、拡張文字を正しく扱うようになりました。
メッセージ内のマルチバイト文字を削除したときに、クライアントとサーバが同期しないようになりました。
アップロードされたファイルの日本語の件名が、件名で文字化けしないようになりました。(Windows版一部未解決)
Windowsクライアントで、HTMLメッセージの本文をダブルクリックしたときにクラッシュしないようになりました。
Windowsクライアントで、HTMLメッセージを閉じたときにクラッシュしないようになりました。
Windows7以降では、ファイルを開くときと保存するときのダイアログに、新しいフォームを使用するようになりました。
これによりライブラリフォルダからファイルを開いたり、ライブラリフォルダにファイルを保存したりすることができるようになりました。
Windows 7でチャットをする際に、2回以上Push To Talkを使用してもクラッシュしないようになりました。
Windowsのコピーライトが2011に更新されました。
[OS X] OSXでファイルをダウンロードしたり保存したりする際に、ファイル名のスラッシュが正しく扱われるようになりました。
OS Xで数字キーパッドのEnterキーとReturnキーが同じように機能するようになりました。
OS Xでユーザが1度検索結果の一覧から選択した後、2回目以降はOSXクライアントでコンタクト/ディレクトリ名を表示しなくなりました。
OS XでName validationの際(またはname validationの後にウィンドウを閉じたり、メッセージを送ったりした際)にクラッシュしなくなりました。

※FirstClassサーバの各コンポーネントの最新バージョンは以下のURLでご確認ください。

  最新のソフトウェアはユーザサポートサイトで提供しています。



ご不明のことがありましたら、弊社までお問い合わせください。


以上

--------------------------------------------------------------
【本件に関してのお問い合わせ先】
 株式会社エフ・シー・マネジメント
 〒101-0047 東京都千代田区内神田2-14-3
 TEL:03-5209-5780 FAX:03-5209-5781    


 FirstClass(R)はOPEN TEXT(R)社の登録商標です。

 Copyright(c)2011 FC Management Co.,Ltd. All Rights Reserved.
--------------------------------------------------------------  
        


Top of Page