ロゴ:
 
目指せ!カリスマFirstClass管理者
FAQ: 削除した標準のデスクトップアイテムはどうやって回復
2006年 10月 31日 火曜日 0:00 +0900作成者: Webmaster
ごみ箱、カレンダー、コンタクトなどの標準デスクトップアイテムをユーザが削除してしまった場合、デスクトップをリセットすることによって、削除されたアイテムを回復させること
パーマリンク詳細...
ワンポイントアドバイス:ユーザのディスク使用量を効果的
2006年 11月 7日 火曜日 0:00 +0900作成者: Webmaster
ユーザグループまたは個々のユーザごとに、ディスクの使用量を制限することができます。サーバへの負担を減らすためにも、各グループまたはユーザに適切なディスク使用量を設定し
パーマリンク詳細...
FAQ: ユーザが送信者名を変更するのを防ぐにはどうしたらよ
2006年 11月 9日 木曜日 0:00 +0900作成者: Webmaster
FirstClassでは会議室の権限によって、一度送信したEメールの送信者名を変更することができます。一部のユーザがこれをいたずらに使い送信者名を変更してしまうようなおそれがある場
パーマリンク詳細...
ワンポイントアドバイス: すべてのユーザにメッセージを送
2006年 11月 16日 木曜日 0:00 +0900作成者: Webmaster
ユーザのログインの有無にかかわらず、すべてのユーザにメッセージを送ることができます。全ユーザに知らせたい重要な事がらがある場合は、下記の方法を参考にしてください。  
パーマリンク詳細...
ワンポイントアドバイス: 管理者がディスク容量を増加させ
2007年 1 月 10日 水曜日 0:00 +0900作成者: Webmaster
システムプロファイルフォームで、ご利用のサーバの各ボリュームに対し、FirstClassの動作に必要な最小空きディスク容量を設定することができます。あるボリュームの空きディスク容量が、設定した最小空き容量以下になると、サーバは、ユーザやゲートウェイから送られてくるメッセージの受信をそのボリューム上で拒否します。



管理者がディスク容量を増加させる方法トップ5


ディスク容量増加の方法をいくつかご紹介します:

20070215_132334_0.png DiskUsageレポートを調べて、ディスク容量を大量に消費しているユーザを特定し、そのユーザに自分のメールボックスを空にするよう依頼してください。

20070215_131218_1.pngグループ権限フォーム>[制限]タブ > [ディスク使用量制限]を設定し、ユーザグループの使用容量を割り当ててください。またはユーザ情報フォーム> [基本設定/アクセス/制限]タブ>[ディスク使用量制限]を設定し、個々のユーザの使用容量を割り当ててください。

20070215_131234_2.png 大きなサイズの添付ファイルがあるメッセージを探し、削除してください。メッセージを削除する前に、添付ファイルを削除してください。削除したアイテムのすべてのエイリアスも削除されていることを確認してください。

削除したアイテムが使用していたディスク容量に空きが生まれるのは、そのアイテムのコピーがすべて削除された場合だけです。大容量のメッセージを削除しても、送信者やすべての受信者のメールボックスからエイリアスが削除されない限り、ディスクに空きはできません。

20070215_131248_3.pngシステムプロファイルフォームの[タイマ]タブ、もしくは最も使用頻度の高い会議室の権限フォームから、有効期限の日数を減らしてください。

20070215_131307_4.png 古い統計値ファイルとログファイルを削除します。何かの問題が再発した時に原因を調べる場合に備えて、これらのファイルはバックアップをとってから削除することをお奨めします。統計値ファイルの保存場所は、ログ管理(Statistics Control)フォームに表示されています。

ディスクの空き容量を増やすには、コンテンツを削除した後に、監査処理により削除済みアイテムの完全削除が必要です。手動ですぐに削除することも可能ですし、スケジュール設定された自動削除を待つことも可能です。

20070215_131318_5.png注意
完全監査は削除済みアイテムを完全削除します。単一の監査処理では、問題の修正のみ行います。


20070215_131333_6.png より詳しい説明へ
ディスク使用について、さらに詳しい情報をご覧になりたい場合は、オンラインヘルプの サーバの管理 > トラブルシューティング > サーバの監視と統計値 をご参照ください。


Copyright 2007 by Open Text Corporation.

+ コメントを追加
パーマリンク
RSS
ページの先頭